にんにく卵黄にはさまざまな効果が期待できる!

にんにく卵黄の効果

毎日の生活の中で、忙しくしていることはとても良い事ですね。

しかしその忙しさの中で、倒れてしまっては大変です。自分の体をいたわりながら、頑張ることが大切なのです。

そんな時、にんにく卵黄が役に立ちます。

それはなんといっても、その効果がすごいということ。

では、どんな効果があるのでしょうか?具体的に見ていきましょう。

滋養強壮

にんにくに含まれているアリシンとビタミンB1は、エネルギーとして使われます。また良質なたんぱく質を含む卵黄と一緒にとることにより、更に相乗効果を感じることが出来るのです。

にんにくと卵黄は、毎日の生活を元気に過ごすためには、欠かすことができない栄養素ということが言えますね。
特にそれを飲みやすくしたにんにく卵黄サプリは、毎日取ることが出来るので、最も飲みやすい栄養食品です。

気分を穏やかにする

イライラすることが多い毎日では、血圧が上がることが心配です。またそんな嫌な思いばかりしていると、精神的に辛くなることもあります。
そんな時、にんにくに含まれているアリチアミンという成分が精神を安定させる効果があります。

にんにくは毎日摂りたい成分ですね。リラックスさせることはとても大切です。
自分でも気がつかないうちに、気分が不安定な時に血圧が上昇することがあるのです。

その時、放置すると少しづつ悪化して、取り返しのつかないことも起きることもあります。
気持ちを落ち着けて仕事をするためにも、にんにく卵黄サプリを利用しましょう。

ダイエット効果

にんにくは、肝臓の機能を活性化し、脂質の代謝を高める作用があります。また卵黄は、良質なタンパク質なので筋肉サポートに欠かすことができない成分です。
その二つが含まれているサプリを飲むことにより、体の代謝を上げることができます。

また運動をする時に、心配なのは翌日に疲れることですね。
その疲れも、速やかに回復させることが出来るので、安心して運動に取り組めます。

美容効果

美容効果
にんにくと卵黄は、美容に必要と言われているビタミンとミネラル、たんぱく質を豊富に含んでいます。
肌のターンオーバーを促して肌を生き生きさせることができます。

体内で発生する「活性酸素」。

本来は体内の細菌やウィルスを酸化力でやっつける大切な物質なんですが、加齢、紫外線、ストレスなどで必要以上に増えてしまうと、体が酸化し、お肌を老化させる原因となってしまいます。

皮をむいたリンゴをしばらく放置すると、酸化して茶色くシワシワになりますよね?
これと同じことがお肌でも起きているのです。

体の酸化防止に抗酸化物質を

体が必要以上に酸化しないように、一番簡単な方法が「抗酸化作用のある食べ物を食べる」こと。

抗酸化作用のある栄養素は、

■フィトケミカル
・ポリフェノール(フラボノイド系)
・カロテノイド

■ビタミン
・ビタミンA(βカロテン)
・ビタミンC
・ビタミンE

■ミネラル
・マンガン
・セレン
・亜鉛

このようにいくつかありますが、「にんにく卵黄」には、

・ビタミンE
・脂質アリシン(ビタミンEと同じ働きをする)
・マンガン
・亜鉛
・セレン

がしっかりと含まれているのです。

抗酸化作用で美肌が作られる

にんにく卵黄の抗酸化作用により細胞が元気になりますし、血液循環を良くし、体を温める成分が新陳代謝を活発にします。

血行が良くなり、新陳代謝もあがれば、当然お肌の状態は良くなりますし、卵黄に含まれている「レシチン」という栄養素が、皮膚の保護に役立ちます。

にんにく卵黄を飲むようになってから、肌ツヤが良くなったという声が効かれるのも頷けますね。

血圧正常化

高血圧を正常化させるには、特に食事と運動についての生活習慣の見直しが何より大事になります。

降圧剤などの薬に頼る前に生活を見直しご自身の血圧を上げる要因を見つけて、それを解消するようにしましょう。

にんにく卵黄は「食べる降圧剤」とも言われるほど血圧に良い作用をします。

血管を広げて血圧を下げるばかりか、血栓ができるのも防ぎます。

いっぽうで、低血圧の場合には、血圧を上げて、正常な範囲に戻してくれる作用もあるというから驚きですよね。

そのあたりの理由については、こちらのサイトに詳しく説明されています。

にんにく卵黄が高血圧を下げ、低血圧を上げる!

食事内容を見直すときに、にんにく卵黄サプリも併用することも検討したいですね。

便秘解消・予防効果

にんにく卵黄で便秘解消
にんにく卵黄にはたくさんの栄養素が詰まっており、なかでもアリチアミンという成分が、腸の動きを改善する役割を果たします。

ですので、便秘でお困りの方にもにんにく卵黄はおすすめなんです。

多くの方が便秘に悩まされていますが、病院に行って治そうとする人は少なくて、自己解決をしようとしていますよね。

いろいろな食べ物やサプリを試したり、どうしようもない時は便秘薬で対処したり・・・・。

便秘を改善するために、日常生活で心掛けることは

・規則正しい生活を心掛ける。
・朝食後にはトイレに行くなど、排便習慣を身につける。
・食物繊維の多い食品を摂る。
・適度な運動を習慣的に行う。

それでもなかなか改善しない時は、手軽に摂取できるにんにく卵黄サプリを加えてみるのも一つの方法です。

にんにく卵黄には便秘改善効果・整腸作用がある

にんにくに含まれているアリチアミンという物質が、大腸の中で便を下へ移動させていく「ぜん動運動」を活発にします。
また、にんにくと卵黄それぞれが持つ、腸内の善玉菌(=ビフィズス菌)を増やす働きによって、腸内環境が改善されます。

そして腸の動きが良くなり、便秘改善へとつながるのです。

便秘は、嫌な不快感だけでなく、肌荒れや腹痛、頭痛の原因にもなります。
意外と軽視できない便秘を解消するため、天然の便秘薬であるにんにく卵黄を活用してみてはいかがですか?

にんにく卵黄は冷え性改善にも役立つ

夏だって腰や手足が冷えて仕方がないという女性は意外と多いんです。

冷え性は、主に血液の循環が悪くなって起こることが多いです。
温かい血液が体中を巡らないから、体の末端である手や足は特に冷えてしまうんですね。

また、更年期を迎えた女性はホルモンの分泌が乱れるので、その影響で自律神経も乱れてしまい、冷え症状が悪化してしまうこともあるとか。

冷え性は血行障害ですから、改善するには、適度な運動や、ぬるめのお湯にゆっくり入るなども効果的。

また、もう一つ簡単にできるのが、体を温める食品、血行を良くする食品を摂ることです。

なかでもにんにくは保温効果が抜群の食品。

スコルジニンという特有の成分が新陳代謝を活発にし、強力に体を温める作用を発揮します。

にんにくを食べた後、体がポカポカすることは、これまでに体感したこともあるのではないでしょうか?

また、卵黄に豊富に含まれるビタミンEも、末梢血管の血流を促進する力があります。

このように、「にんにく卵黄」を摂ることで、血液循環を良くして、体の冷えを改善するのに役立つんですね。

まとめ

夫婦で元気
にんにく卵黄のもたらす効果を挙げるときりがないですが、一言で言えば、体調を正常に保つ働き【ホメオスタシス】を高める作用と言えそうです。

さまざまな体調不良があったり、どこが悪いわけじゃないけど何となく元気が出ないなど、体調が本調子でない状態を元に戻そうとする力があるのがにんにく卵黄ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする