てまひま堂のにんにく卵黄は原料へのこだわりがスゴイ!

ニンニクゴーゴー

にんにく卵黄は加工品ですので、どのようなにんにくが使われているのかは、製品を見ただけでは分かりません。

したがって、見た目は同じでも、品質を落として原価を抑えることだってできます。

でも、てまひま堂では、本物のにんにく卵黄を目指し、使用するにんにくにこだわっているのです。

青森県産のにんにくを100%使用


国産にんにくのシェア8割を占める青森県。

納得のできるにんにくを求め、農家を一軒一軒訪ね歩き、ついに出会ったのが青森県上北郡のにんにくでした。

この地域は平均気温が9℃、最低気温が-12.2℃、最高気温が34.8℃と、非常に寒暖差の激しい地域です。

こんな過酷な環境ですが、にんにくは越冬作物のため、青森の厳しい冬がむしろ適しているのです。

また、にんにくは冬の深い雪に覆われた大地の下でも凍らないため、滋養分たっぷりの糖分を自分の中に蓄えるのです。
そのため、この厳しい気候こそが、良いにんにくが育つ環境としては理想的なのです。

にんにくの管理方法にもこだわりが

収穫したにんにくは、生のままでは日持ちせず、傷つきやすくなるので丁寧に乾燥させます。

乾燥室で3週間ほど乾燥させ、35%~40%ほど水分を飛ばしますが、その加減は非常に難しく、失敗するとカビが生えたり、芽が出たりしてしまいます。

乾燥に失敗すると、せっかく育てたにんにくは全て土の肥料としなければなりません。
乾燥の如何によって1年間かけて育てたにんにくの品質が決まってしまうため、農家の方々にとって乾燥作業は何よりも神経を使うものなのです。

乾燥したにんにくは、にんにくを管理するために独自に開発された冷蔵庫に保存されます。
これにより、収穫時期が年に1回であるにんにくをいつでも仕入れることができるようになるわけです。

体に入れるものだから安全性にも配慮

てまひま堂では、食品中に有害な成分が混入していないかを検査し、一定量以上の農薬などが残留するものがあれば販売等を禁止する厳しい検査を実施しています。

405項目にもわたる検査を合格したにんにくのみを仕入れて、仕入れた後も、再度第三者機関に委託して検査を実施し、食の安全に関して万全を期しています。

最高峰の有精卵を使用


てまひま堂のニンニクゴーゴーの原料となる卵の種類を決めるまでには、全国各地から美味しいと評判の卵を20種類以上も取り寄せて吟味。
そのなかでやっと出会うことができた最高の有精卵を使用しています。

宮崎県の「たまご牧場」の有精卵

滋養に溢れた上質の卵になるには、親であるニワトリの生育環境に関し、絶対的な条件があります。
それは、「鶏がミネラルたっぷりの餌を食し、天然の水を飲んでいること」です。

ミネラル豊富な水が湧き出す地域こそ、宮崎県霧島山麓なのです。
この地域は霧島火山群とも呼ばれ、活発な火山活動が続いている地域です。

高千穂峰が見える大自然の中、美味しい空気と水ですくすくと育った鶏から産まれる卵は、白身に力があり黄身がこんもりと丸く盛り上がり滋養に溢れています。

それが宮崎県霧島山麓「たまご牧場」の有精卵だったのです。

宮崎県の「たまご牧場」のニワトリは優等生

「たまご牧場」のニワトリには、薬品や抗生物質を一切使わず、十数種類の自然素材をブレンドした餌と、ミネラルたっぷりの霧島の天然水を与えています。

晴れた日には広い運動場でのんびり散歩して育つ鶏は、主にアメリカ産ボリスブラウン種。茶色い羽根をした穏やかな気性の鶏です。

さらに、餌の栄養分が体に行き渡るまでの数週間は、卵を出荷しないという徹底ぶり。
これだけの手間と時間(ひま)をかけた卵なんです。

また、鶏が産んだ卵は、洗浄・殺菌をした後、血卵検査・ひび割れのチェック等、様々な検査を行う事で、衛生管理を徹底し、安全安心の製品づくりを目指しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする